大手企業パンフレットや

広告のスタイリングで活躍の

竹之内博子さんの

​ インタビューはこちら

Q1 現在テーブルウェアスタイリスト®の資格をどんな事に生かして活動されていますか? 

 

 日常生活から仕事に至るまで、役立つことが多いです。

 インテリアや一眼レフ、グラフィック制作や撮影スタイリングに至るまで、表現出来ることの幅が広がりました。

 

Q2 TWSAでよかったと思う点があったら教えて下さい。 

 

 沢山ありますが特に素晴らしいと思った点は、講座受講中から実際の仕事現場にスタイリストとして参加出来る所です。

 教室で学んだことを自宅で実践するためだけではなく、”仕事”として取り組み現場を肌で感じながら学ぶことが出来ます。

 講座中もクライアントを想定した模擬プレゼンと実践があり、プロレベルの実力をリアルに効率よく身につけられたと実感しています。

 

Q3 スタイリングで受賞歴などある方は教えて下さい。 

 第27回テーブルウェア大賞 入選

 

Q4 主な実績を教えて下さい。 

 湯沢高原スキー場「雲の上のカフェ」様 夏季限定デザートフードスタイリング担当

 株式会社永谷園「ビアードパパ」様 クリスマスインベントフードスタイリングメンバー

 株式会社荻原様 ウェブコンテンツ用スタイリングメンバー

 有限会社YJ様 カタログカフェシーンフードスタイリング担当、展示会フードスタイリング担当

​ ブルーミング中西株式会社様「テーブルレシピ」HPハロウィンページディレクター

 

Q5 テーブルウェアスタイリスト養成講座受講の切っ掛けを教えてください。 

 

 かつて雑誌や広告の撮影現場に携わり、その際の撮影スタイリング、特にフードシーンでのテーブルセッティングに興味を抱いた事が一番の切っ掛けです。

 テーブルウェアのみの知識だけに留まらず、フラワーアレンジメントや写真撮影技術、インテリアなど、スタイリングに関する幅広い知識から、対クライアントのプレゼンやセルフブランディングまでをも含む実践力を身につけられる点でTWSAに決めました。

 

Q6 テーブルウェアスタイリストとして、今後考えている活動や夢をお教え下さい。  

 

 広告、雑誌を始めとしたメディアやイベントなどのスタイリストとしてご指名いただけるよう、個性を大事にして活動していきたいです。

 女性中心となっているテーブルコーディネートというジャンルを、男女問わずに楽しめる趣味として、「かわいい!素敵!」だけではなく「カッコいい!」とも思わせられるアイデアをご提案させていただければと考えています。